ホワイトニング【自由診療】

歯を手軽に漂白して白くするホワイトニング

画像

ホワイトニングについて

黄ばんだ歯を、歯を削らずに薬の力で漂白する方法です。ホワイトニングで白くできるのは「天然の歯」のみで、詰め物や被せ物の色は変わりません。当院では自宅でお口の中全体のホワイトニングができる「ホームホワイトニング」と神経を取った歯が変色してきた場合に行う1歯単位のホワイトニング「ウォーキングブリーチ」を行っています。

ステイン除去について

日々の食生活や、たばこのヤニなどにより付いた歯の表面の着色(ステイン)はホワイトニングでは除去できません。ステイン除去の場合、研磨剤を配合したペーストを使用し、歯の表面を研磨することで着色を落としていきます。最後には粒子の細かなペーストにて最終研磨まで行います。

料金

ホームホワイトニング 片顎 10,000円(薬液2本付き)
ホームホワイトニング 両顎 20,000円(薬液4本付き)

※ホワイトニング追加薬液(1本) 2,000円

ウォーキングブリーチ 15,000円(*3回施術まで)
ステイン除去 片顎 4,000円

ホワイトニングは
このような方におすすめ

画像

ホワイトニングは年齢や性別は問いません。

男女問わず、歯が白くなり口元が美しくなることで、お顔全体の印象が明るくなります。相手への印象もよくなるため、自分に自信がつき、表情も豊かになるでしょう。

どんなに高価なアクセサリーやきれいな洋服よりも、素敵な笑顔ができる事は、あなたの一番の魅力になりますよ!

ホワイトニングの流れ

全顎のホワイトニング(ホームホワイトニング法)

自宅でご自身で行っていただく方法です。手軽にできるのが特長。

1

口腔内診査。(虫歯の治療の有無、清掃の状態など)

2

型取り~歯型模型製作、ホワイトニングトレー作製

3

トレーと薬液のお渡し。

4

自宅でのホワイトニング開始

5

約1か月後色調変化の記録、確認

注意)歯の状況によっては適応できない場合があります。
まれに知覚過敏を起こすことがあります。

画像
画像

1歯のホワイトニング(ウォーキングブリーチ法)

医院で行う治療。神経を取った歯が変色してきた場合に行います。

1

緊密な根管治療を行います。

2

薬剤を入れ、仮封します。

3

1週間後薬剤交換をします。

4

3~4回繰り返し、目標の白さを目指します。

5

最終的な充填を行い終了

注意)歯の欠損状況、変色状況によっては適応できない場合があります。
稀に歯根の外部吸収を起こすことがあります。

画像
画像

必ずご確認ください

ホワイトニングはすべての歯が白くなるわけではありません。着色や変色してきている原因をよく考える必要があります。

変色の原因

  • 先天的な変色: 高濃度フッ素を長間服用した場合や、妊娠中のテトラサイクリンの抗生物質を服用した場合、または歯の奇形など、先天的に歯が変色している場合はホワイトニングでの効果は低いでしょう。
  • 加齢に伴う変色:年を重ねるごとに、歯の象牙質の色が目立ち、黄色みが強い歯になります。これはホワイトニングでの効果は高いと言えます。
  • 日常生活の中でおきる着色:色素の強い食べ物(赤ワイン、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、カレー等)やたばこのヤニにより歯の表面に着色が起こります。これはホワイトニングではなく、歯の表面の清掃や研磨で効果が期待できます。
  • 歯の神経を取ることでおきる変色:神経をとった歯は場合によりだんだん色が黒ずんできます。これはその歯のみのホワイトニング(ウォーキングブリーチ)が適応になります。
    まずは白くしたいと思う歯の状態を確認し、最も適した方法をご相談させてください。

ホワイトニングは一生持つものではなく、半年~1年すると後戻りといって、元の色に戻ってきます。
そのため、6カ月周期で簡単な追加ホワイトニング(タッチアップ)を行うことをお勧めします。

※ホームホワイトニングで使用したトレー(マウスピース)は繰り返し使えるため、薬液の追加購入だけで、気軽にタッチアップは可能です。

治療に関するご相談はお気軽に

治療に関する質問はお気軽にご連絡ください。検診にお越し頂ければより精度の高い治療のアドバイスが可能です。

当院は予約制の歯科医院です。事前にお電話でご予約をお願い致します。

ご予約はこちら

0987-55-7001