セラミックの詰め物・被せ物

自然な色合いと形を再現するセラミック

画像

歯の形態回復を行う際、保険治療では金属やレジンでの修復が主流ですが、これよりもっと自然な歯の色や形態を再現したい方、加えて強度にも優れた素材としてセラミックを使用することができます。(保険外診療)

歯の一部分を埋める修復は部分被覆冠といい、インレーやアンレーと呼ばれます。
歯のほとんどを被せる修復は全部被覆冠といい、クラウンと呼ばれます。

修復する歯牙の部位や咬合接触状態、咬合時の機能などにより、インレーかアンレーかクラウンかを検討します。

料金

インレー・アンレー

セラミックインレー(e-Max) 30,000円

クラウン

メタルボンドクラウン 100,000円
オールセラミッククラウン(e-Max) 80,000円
オールセラミッククラウン(ジルコニア) 100,000円

セラミックのメリット・デメリット

セラミックの利点

  • 見た目の美しさ
    陶器と同じ材質から作られるものなので自然なツヤや色、透明感が出ます。歯と同じようなグラデーションも再現できるため見た目に美しく審美的に仕上がります。
  • ほとんど変色しない
    レジンと違い長期使用してもほとんど色の変化がありません。そのため何年たっても初めの装着時のきれいな色がそのまま何年も継続してくれます。
  • 生体親和性が高い
    オールセラミック修復では金属など使用していないため、人体への影響がほぼありません。金属アレルギーの方でも安心して使用できます。
  • 表面の汚れが付きにくい
    レジンや金属は表面に細かな傷がつきやすく、そこに細菌や汚れが付着し変色や審美性の低下の原因になります。セラミック表面は硬さがあり表面の傷がつきにくいため歯垢や歯石の沈着を抑えれる作用もあります。
  • 用途に合わせて材料の選択ができる
    セラミックの中でも「e-Max」は審美性に優れるため主に前歯部で使用し、同じセラミックでも「ジルコニア」は審美性はe-Maxより劣るものの強度に優れるため主に臼歯部に使用したりします。セラミックの特徴と口腔内の機能を考えて使用材料をご提案させていただきます。

セラミックの欠点

  • 割れる可能性がある
    セラミックは陶器と同じ材質を持つため、たわみに弱く欠けたり割れたりする場合があります。特に一点集中した強い力には要注意です。咬合力が強くかかる奥歯やもともと咬む力が強い方、歯ぎしりの癖のある方には強度重視のセラミックを使用したり、夜間にはナイトガード(マウスピース)を使用してもらう場合があります。
  • 歯の切削量が多い
    前途した割れやすい性質を持つセラミックなため、修復物の強度を確保するために「厚み」がある程度必要となります。そのため歯を削る量が多少多くなります。
  • 高価である
    セラミック治療は保険が適応されないため治療費が高額になります。治療される場合は見積を作成し、ご希望とご予算に合ったプランをご提示させていただきます。

セラミックは非常に利点の多い素材ですが、詰め物や被せ物には必ず寿命があります。歯の場所や状態によりセラミックの効果も変わります。歯の状態はもちろん、セラミックのメリットとデメリットをよく理解し、納得したうえでの治療をお勧めいたします。

セラミックの詰め物

画像

主に臼歯部の咬合面(歯と歯が当たる部分)のみの窩洞に対して修復する場合を「インレー」、同じ臼歯部の咬合面と、一部の咬頭(歯のとんがり部分)に対して修復する場合を「アンレー」といいます。

どちらも部分的な修復なので費用は同じです。臼歯部は咬合力が強くかかる部分なので咬みあうところをよく観察しその形態を決定します。

セラミックの被せ物

画像

大きく歯の形態を失った場合、歯を全体的に削り整え、セラミックの修復物を被せる方法。

前歯から奥歯まで、すべての歯が適応になります。部位や機能によりセラミックの素材を検討する必要があります。インレーに比べ使用するセラミックの量が多く、形態付与にも技工士さんの技術が必要となるため費用も高くなります。

治療の流れ

1

もともとの歯の記録を取ります(模型・写真など)

2

歯を削り支台歯(土台)の形を整えます

3

プロビジョナルレストレーション(仮歯)を作成、装着し、希望の形態や咬合状態へ近づけます。

4

支台歯(土台)の型をシリコン材料でとります。プロビジョナルレストレーションの形も型取りします。

5

④と同時に支台歯の色や他の歯の色も写真にとります。

6

④⑤を参考に技工士さんが修復物を作成してくれます。(この間は③の仮歯で過ごしてもらいます)

7

完成した物を試適し、希望の状態になっているかを確認してもらいます。

8

⑦で色や形に変更点があれば技工士さんに修正を依頼します。

9

問題なければ装着します。

10

破損のリスクが高い方にはナイトガードを作成し夜間使用していただきます。

必ずご確認ください

セラミックの歯は汚れが付きにくいため、歯周病や虫歯になりにくいですが、100%安心と言うわけではありません。定期的なメンテナンスに来ていただくことで普段のブラッシングでは落としきれない汚れをクリーニングし、歯茎の健康状態やむし歯が出来ていないかなどを確認できます。

セラミックの欠点は欠けたり割れたりすることです。
咬む力が強い、歯ぎしりや食いしばりの癖がある、セラミックの歯が多数入っているなど割れてきやすい条件がいくつかあります。そのようなリスクがある方にはナイトガード(夜間用マウスピース)を使用し、主に就寝中に使用し出来る限り負担を軽減させることも必要です。

セラミック治療は保険適応外診療です。治療は高額になる場合がございます。
施術前にはよく理解していただくため、十分なカウンセリングと、見積作成を行い、ご理解や同意を得て治療を行っていきます。

ご希望される方はお気軽にお声がけください。

治療に関するご相談はお気軽に

治療に関する質問はお気軽にご連絡ください。検診にお越し頂ければより精度の高い治療のアドバイスが可能です。

当院は予約制の歯科医院です。事前にお電話でご予約をお願い致します。

ご予約はこちら

0987-55-7001